就活日記(7/13)

就活サイトの人と面談。

「なぜメガベンチャー志望だったのか?ほかのベンチャーではだめなのか?事業を作って回す経験が自分でしたいならむしろ適しているのでは?」と聞かれて、うまく答えられなかった。自分はやはり世間の目や給与を相当に気にしていた。

自分の大学からして、ここ以上じゃないと嫌だ、周りが入っているようなとこだと安心する、と壁を勝手に作ったり、ステータスを決めつけてしまっていたと思う。

とりあえず今からでも受けてみるべきだろう。

 

今学期の授業が終わっていく。新しくゼミや語学の授業を取ったり、機械学習に挑戦したり、楽しかったが平均以下の実力しかどれも出せていないといった状況。キャパオーバーとさぼり癖はどうにか治すというよりも、うまく見極めて付き合っていかなければいけない。

 

帰りにレインボーリール東京にて映画をみた。ずっと見たいと思っていたゲイ映画God's Own Countryの日本での公開だった。別に記事に書こうと思う。

 

ドレイファスモデル

人間が技能習得にかかる時間の研究に「ドレイファスモデル」というものがある。人工知能研究のために、看護師が一人前になるまでの時間を分析してできたものだ。

 

https://www.oreilly.co.jp/pub/9784873114033/PTL_sample03.pdf

 

初心者(第1段階) ルールやマニュアルのもと仕事をする

中級者(第2段階) 決まった範囲の仕事は正確に仕事ができる

上級者(第3段階) 仕事の範囲を自ら設定できる

熟練者(第4段階) 状況を踏まえ目的を定め判断できる

達人(第5段階)  分析せず言語化せず判断ができる

 

この5段階に分けたとき、3段階の上級者に到達すれば一般的に一人前と呼ぶことができる。この第3段階にたどり着くには、最低でも約2万時間が必要らしい(一日8時間、週5日働いたとして約10年間!)。

 

ドレイファスモデルでは、中級者が上級者以上になるために、

・明確に定義されたタスク

・難易度が高いが実行可能なタスク

・周囲からの適切なフィードバック

・復習とエラー修正ができる機会

がポイントだと挙げられている。

 

これまで自分は早く成長したい⇒そのために大企業じゃなくてベンチャー企業という軸の元、

若手から裁量権がほしい、トライアンドエラーのチャンスがほしい、自分で課題を見つけて仮説を立てて思考してPDCAを回したい、1人で仕事を回して一人前になりたい…

などといったきれいごとを並べて無理やり自分のサークル、アルバイト、学業の経験とこじつけてESを書いたり面接で話していた。

成長ができるとは何なのか、仕事ができるとは何をさすのか、もう一度因数分解して自分なりの定義を作って準備したい。

 

今読んでいる本

神成淳司(2017)『ITと熟練農家の技で稼ぐ AI農業』日経BP社

Amazon CAPTCHA

就活日記(7/12)

今日は13時に起床、遅刻して4限に出て電話面接の予習をしていた。

受ける企業はエージェントの電話面接に合格すると、一次面談→1dayインターン→面接複数回→内定、となるらしい。長い。

 

外資系の日本支社であり、グローバル営業職の募集がメインだった。質問内容は

・英語力の確認

・志望動機

・就活の軸

・選考状況

・学生時代頑張ってきたこと(ガクチカ

の4つ。聞かれた形式に対してそのまま答えるとなんか不器用で自分の魅力を伝えられていないような気がした。

志望動機では市場価値を高めたい、そのため成長スピードの早い御社で経験を積みたいをベースに話した。多様性を受け入れていることを魅力に感じ、その理由としてサークルやアルバイトでの経験があることも伝えた。いちいち理由づけを求められていて、一番求めることはなにか、それが御社と一致していて成し遂げられるかどうかを何度も確認されていたように感じる。

最期にガクチカをさらっと聞かれたので落ちた気がする。もっと論理的に話す内容を作っておくんだったと反省。

 

企業の好きなところをみつけて事業や待遇文化などの良い点ばかり語ってしまうのはよくない。自分が何ができるか、これまで何をしてきたか、経験をベースに物語を作っていこう。